yuiku-sapporo

結び屋ゆいくは、札幌市を中心に、子育てに役立つオシャレで賢いママの為の風呂敷や手ぬぐいのワークショップを開催しています。

結び屋 ゆいくのメンバーは現在10人。全て主婦。

大学や各学校、行政や子育て支援課他イベントでの講師実績を多数積み、又、新聞、テレビ、ラジオ等の出演もしています。

子どものいる現役主婦集団が、自らが毎日の子育てに風呂敷生活を実践中。
日々、子どもの成長と共に、新しい風呂敷の魅力を発見中です。

記事一覧(29)

今日は夢がたくさん叶った日(その2)

智田さくらです。今日はたくさんの連続投稿します!関連記事:今日は夢がたくさん叶った日(その1)の続きそんな訳で、全国で販売が可能となった『結び屋ゆいく』監修、私の夢だった「ママの為のオリジナル風呂敷」が完成した訳ですが、三陽商事株式会社さんは、直営店がありません。つまり、もし札幌で欲しい人がいても、売ってるお店がまだ無いんです。「やはり、自分たちで売るしか無いのか、、、。」こんな贅沢な弱音を言うと、どこかから「やったらイイじゃん」という声が聞こえてきそうです。だって、世の中にはメルカリとか頑張ってる主婦だっているし、自宅開業でネットショップを運営する主婦グループだっているじゃないかと。大変お恥ずかしい話ですが、じつはその能力が今の結び屋ゆいくに、いや特に代表の私に無いんです(T ^ T)。。多分、自分の弱みです。苦手ジャンルです。私は小売に苦手意識とコンプレックスがあります。それでも以前、ネットショップ開業についての商工会議所の講座を受講したことがあるんです。1日、子どもを託児して真面目に受講して得たものは「私には向いていない。こりゃ無理だ」という結論でした。在庫を抱える倉庫もありませんから、発送すること、商品を管理することも難しいです。それでも、もしやるとしたら誰かメンバーのご自宅を借りることになってしまいます。今、風呂敷ワークショップや講座のご依頼を受けて、生き生きと活動をしてくれているゆいく先生達に「ネットショップするから手伝って」とか「オリジナル風呂敷ができたから、みんなで売ってきて」というのも、ちょっと違うかな〜って思います。もちろん、「ネットショップ!すっごくやりたい!」というメンバーがいたらやぶさかではないのですが、残念ながら今はそういうメンバーがいません。また詳しくはおいおいお伝えする機会があると思いますが、残念ながら2019年は、結び屋ゆいくはマンパワー不足です。(補足:いままで通り、結び屋ゆいくの風呂敷講座が終わったあと、受講生さんから「この後、子連れで風呂敷を買いに行くのは大変なので、風呂敷売ってください」という方の為に、ゆいく先生達から少しだけ手渡しで販売はします。負担が無い量なら、大丈夫です)そう思っていた矢先、素敵な出会いがありました。そのお陰で、本日より「ゆいくSHOP」をオープンすることができました。もちろん、風呂敷講座を受講しなくても買えます!全国どこからでも買えちゃいます!!

今日は夢がたくさん叶った日(その1)

こんにちは、智田さくらです。今日はすごいです。私の夢がたくさん叶った!のでご報告させてください。私は、2013年に長女を産みました。それまでは普通に物を包むぐらいだった風呂敷が、子どもができてからは、様々な育児グッズに変身しました。授乳ケープとして持ち歩いていた大判風呂敷は、そのまま寒い日はマフラーになり、スーパーではエコバッグになりました。ベビーカーを押しながら信号待ちをしていたある日。同じように並ぶ隣の知らないママから「すみません、その素敵なベビーカーバッグはどこで買えるんですか?」と聞かれました。「あ、これ。ただの風呂敷なんですよ」という私の言葉が、すぐには通じなかったのを覚えています(笑)「え〜!風呂敷ってこんなにオシャレなものがあるんですか?もっとおばあちゃんが使うような柄の物しか知りませんでした」私は、「ママ達が風呂敷を使わないなんて、なんてもったいないんだろう」って思いました。そうして、札幌で開催されるママイベント、1日2000円の出店料でブースを出して、自分たちがどうやって育児に風呂敷を使ってるかを説明したり、ブログや、SNSで日々の風呂敷を使ったアイディア育児法を発信してきました。お陰様で、現在は「ゆいく先生」と呼ばれる仲間も11人に増えました。『結び屋ゆいく』は本来、情報発信や啓蒙活動を目的としてきましたが、メンバーに風呂敷ワークショップや講座が得意な先生がいてくれて。設立当初からの講座回数は、なんと300回を超えました。延べ参加者人数は、まもなく4000人を超えます。いまでは、ママ向けだけでなく、シニア向けだったり、一般の方向けだったり。たくさんの方に、風呂敷の良さを伝える機会に恵まれました。私自身では、もう2年以上「風呂敷講座」をしていないので、本当にスゴイことです。ゆいく先生には感謝しかありません。そして、みんなのお陰で、当初は家族からも「夢みたいなことばかり言って」と呆れられていた夢が、今日はたくさん叶ったので、ぜひ聞いてください。<実現した夢、その1>私がずっと夢見ていたが「ママ達が本当に使いやすいオリジナル風呂敷」が完成しました!!その名も「結花(ゆいか)」です。これ、何がスゴイって。普通、こういう「グループで作るオリジナル風呂敷」って、風呂敷メーカーさんに依頼して、お金を払って最小ロット数の分を作ってもらうんです。そして、できた風呂敷を全て買い取って、自分たちで売るんです。それが「普通」なんです。けど、私たちは「小売はしない」「在庫は持たない」(↑なぜならお金がないし、管理が大変だから(^◇^;))という感じだったので、今までも風呂敷メーカーさんから、お見積もりをもらったりして、真剣に検討したことはあるんですが、、なかなか実現しなかったんですよね。ま〜、当たり前ですよね。ところが、そんな私たちの事情に耳を傾けてくれた京都の風呂敷メーカーさんである三陽商事株式会社さんが、2019年4月の新作として作成してくれて!しかもカタログに掲載してくださってるんです!

防災ふろしきチャリティー 活動経過とお礼

2018年12月末の時点での集計をしましたので、ご報告致します。こんにちは、結び屋ゆいくのマカナです。年末のお忙しい中、この記事に目を向けてくださってありがとうございます。9月に北海道胆振東部地震があり、京都の風呂敷メーカー三陽商事株式会社様から無償提供を受けた500枚の風呂敷をもとに活動をスタートした結び屋ゆいくの防災ふろしきチャリティー活動。お陰様で予想をはるかに超えるたくさんの方々にご協力をいただくことができました。12月末時点で集まったお金は、累計で296,679円になりました。(イベント主催者へお渡し済のもの、10月末時点で札幌市の窓口へお届けしたものを含む累計金額)無償提供風呂敷は500枚でしたが、その他に、まとまった数でチャリティーへのご協力をお申し出くださる団体さんがいてくださったり、郵送対応のチャリティーセットをご用意したり、販売用風呂敷の利益分をゆいく先生が寄付させていただいたり。実際には、500枚をはるかに超える、958枚の風呂敷がチャリティー活動で動き、591人もの方々にご協力いただいたことになります。ご協力くださった皆さま、本当にありがとうございました。年末で一度経過をご報告させていただきましたが、本年度内、もう少し続けていきます。また10月末に札幌市の窓口へお届けしてきた義援金の分の領収証が、先日郵送で届きましたので、写真にてご報告させて頂きます。

<コープさっぽろ募集開始>全道11ヶ所・1/25よりほぼ毎週金曜日各センターにて順次開催

こんにちは、結び屋ゆいくの智田さくらです。来年から始まる新しいコラボ企画をお知らせします。なんとコープさっぽろさんからのご依頼により、札幌はもちろん、ドド〜っと稚内や中標津まで行っちゃいます!<参 加 者 募 集 中>雪の季節の子育ては、毎日想像を絶するぐらい厳しいです。そんな北海道中の頑張るママさんを全力で応援したい!!つい閉じこもりがちなこの時期。赤ちゃんとお出かけの予定がある日ってホッとしませんか?私自身8月に長女を出産し、ようやく首も座ってきたし、そろそろ赤ちゃんとお出かけしたいな〜って思った時に、雪で街がすべて真っ白でした。子どもと二人っきりの毎日が辛くなり始め、誰か大人と話がしたい。けど、どこに出かけて良いかもわからない時。たまたま見つけた「お子様同伴大歓迎イベント」に参加して、すっごくリフレッシュ出来た経験があります。そんな実体験を基に、結び屋ゆいくは「ママ達に赤ちゃん連れで気軽に参加して欲しい」って思っています。それは、風呂敷を広めたいという想いとはもう一つ別に。ママ達を応援したい!という想いです。そんな私たち結び屋ゆいくの想い、また一つ実現しました。2019年!コープさっぽろ様からのご依頼により、なんと全道各地のトドックステーションにて!今すぐ使える役に立つ!大人気「子育て&防災風呂敷ワークショップ」を開催します!しかも参加費無料!風呂敷の貸し出しもありますので手ぶらOK!!いつもの赤ちゃんとのお出かけ道具だけ持ってきてください。今すぐ役立つ実践的な風呂敷術は、ママバックの重さと育児の負担を軽くします!

終了します(郵送対応)防災ふろしきチャリティーセットへのご協力ありがとうございました。

こんにちは、結び屋ゆいく 智田さくらです。12月6日に数量限定でスタートした「郵送対応します!防災ふろしきチャリティーセット(1000円)ですが、お陰様でたくさんの方からご支援頂く事ができました。関連記事:★郵送対応!「防災ふろしきチャリティーセット」1,000円(数量限定)で受け付けます★「さすがゆいくさん!こういうの待ってました!」「気になりつつ、仕事でなかなか行けません。この企画、とっても嬉しいです☆」「郵送対応、ありがたいです!さすが、ゆいくサン💕」「なかなかイベントなどには行けなかったので…微力ですが協力できて嬉しいです」等など。全てご紹介しきれないほど、たくさんの暖かいメッセージ付きでした。皆様のご支援、ご理解、ご協力に支えられ、完全ボランティアでやっておりますが、やっててよかったな〜と思います。本当にありがとうございます。お陰様で今現在で、20名様28セットものご協力を頂く事が出来ました。ありがとうございます。これをもちまして、一旦郵送対応は終了とさせて頂きたいと思います。「あ!待ってください。私も申し込みます!」という方は、あと3セットあります。先着順になりますので、ぜひ本日中にお申込みください。よろしくお願いします。追記:12/20をもちまして、用意した30セット分のお申し込みがありました。これにて終了とさせて頂きます。ご協力ありがとうございました。

防災ふろしきチャリティーにご賛同くださった皆様をご紹介させて頂きます。